技術の収束 – クラウド、ビッグデータ、IoT

 この数年の間に、IT業界は技術分野でいくつかの重要なパラダイムシフトを経験してきました。これらの変化は、主に、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、モバイル、およびインターネットの分野で起こっています。今後、こうした変化が収束されることによって、企業が新しいビジネスと業務遂行能力を獲得するための新しい「プラットフォーム」が生まれるでしょう。これらの業務遂行能力によって、ITアーキテクチャをより統合的な視点でみることが可能となり、また洞察に富んだデータ分析を行うことが可能になります。

 第一に、クラウドコンピューティングは、主要なIT消費モデルになります。クラウドサービスはいたるところで使われるようになり、全てのビジネスプロセスと一層統合されていくでしょう。

 第二に、ビッグデータ分析と膨大な非構造化データあるいは半構造化データの増加は、現在、企業や個人が管理している構造化されたデータセットの価値を早退的に小さなものにしていくでしょう。このビッグデータによるチャレンジと機会は、データを保存することだけでなく、それらのデータを獲得、分析、管理することで、初めて意味のあるものになります。

 第三に、Internet of Things(IoT)への移行はまだ初期段階にありますが、センサ、デバイス、制御システムがネットワークに接続し相互に作用していくにつれて、企業は新しい価値や未知の価値を手に入れていくでしょう。IoTもまた、機械生成データの主要なソースになるでしょう。モバイルデバイスの急速な普及は、クラウドサービスのモバイルからの消費につながります。追加された能力や機能により、モバイルデバイスは機器間で生成されるデータの主要なソースになります。

 クラウド、ビッグデータ、IoTの技術が進化しながら収束し「重なり合う」につれて、より多くのビジネスチャンスが創出され、データ分析のより高度な、管理、アクセス、理解がもたらされます。ここで、重要な点は、技術とビジネスの交差点を作り、それを活用する方法を模索することです。次の世代の業務遂行能力が見いだされるのはその交わりなのです。

 この新しい技術の収束とその「重なり合い」こそが、 お客様に次世代のビジネスIT及びデータソリューションを提供するために、ファーストQAがフォーカスするものです。

 ファーストQAのコンサルティング主導のITサービスは、戦略的なITイニシアティブを成功させるために、日経225社などの日本の多くの大手企業や外資系企業に恩恵をもたらしました。

<ファーストQAのコンサルティング、ITサービスへのお問い合わせ>

 ファーストQAのコンサルティングやITサービスにご興味をお持ちでしたら、弊社の横浜本社オフィスにお電話をいただくか、以下のリンクの「お問い合わせ」のページからメッセージをお送りください。